FC2ブログ

プロフィール

K.

Author:K.
NATOPとは「NEO CAREのHybrid Salon」です。

どういったことかと言うと…


「痛みがあるから立ち座りがきつい」
「いいフォームでプレイできない」
「チョットお腹が出てきた…」
「お肌が気になる」
などと言った、今までの自分と違うことにマイナスを感じていたり、自分の身体で気に入らないところがあったり。

ジャンルは違えど、これらは全てコンプレックスと言えますよね。

そのコンプレックスをケアする為に。

「全ての根本は姿勢にある」という考えこそがNEO CARE。
またそれらに対して手技・トレーニング・beautyといった様々な分野を融合させたサロンということで、Hybrid Salonと位置づけています。

国家資格所有者の指導の下、皆さんのお悩みへアプローチしています。

<住所>
枚方市津田駅前1‐16‐1

<問合せ>
072‐858‐4848

予約制

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ストレッチングは逆効果!

ようやくメディアで特集をして下さったようですね。

昨日(?)の「試してガッテン」。

私はそれを提唱し始めて、早12年。

ようやく認知されるに至りました。

矛盾なんでよね、ストレッチングって。

元々、筋肉って収縮しか機能としてインプットされていないのに。

それを安直に
「疲労しているから、硬いから引き伸ばせ」
って矛盾にしかなりません。

しかし。
それをデータ解析などは、小さい施設では不可能です。

ですから。
特集を組んで下さったテレビ局の方、研究して下さった先生、モデルになって下さった方々へ感謝致します。

ただの「肩凝り」と思っているアナタ!

「肩が凝りすぎて鎖骨の下や胸まで痛い」

などと思っているアナタ!
そぅ!アナタです‼︎

それは肩凝りの域を超えているかもしれませんよ。

試しにバンザイをしてみて下さい。
その状態でしばらくいて下さいね。

手のひらが白くなってきていませんか?
そして次第にジンジン痺れてきていませんか?

もしかしたら、「胸郭出口症候群」と呼ばれるモノになっている可能性があります。

そうなると「四十肩」と呼ばれる症状も併発し、肩関節の可動域が減り動かす時に痛みを伴います。

明らかな症状が出てきてからでは、治癒までも長くかかります。

常日頃の自身のボディーチェックをしっかりしましょうね。

首や肩に対しての運動

前回。

「首や肩が辛い時には動かして下さい」
と言いましたが。

今日はその動かし方についてお話します。


首や肩に症状のあるほとんどの方は、日常生活での負担が原因となっています。

思い出して下さい。

生活のほぼ全てが身体の前でする作業であるということを。

そうすると、後ろ側(背中側)はひきのばされますよね?

だから肩や首を支えきれなくなり、辛さになるのです。

運動はこの背中側の引き伸ばされた筋肉を縮める運動をしたらいいのです。

見える事だけでなく、その反対も見てみるとわかる事がたくさんありますよ。

肩・首が辛い方へ。

「肩が凝った」
「首が辛い」

そんな時、皆さんはどうしていますか?

大概の方はもんだり押したりしているのではないでしょうか?

果たしてそれでいいのでしょうか?
もし。
それが正解であれば、今頃楽になっているはずですね。

答えは…
もんだり押したりするのは間違いです。

「でも。気持ちいいから間違いではないのでは?」
との声が聞こえてきそうですが、それは一時の快楽です。

押さえられた筋肉は一瞬、虚血状態になります。
それこから一気に指を離すので、そこに血液が流れ込む時に人は気持ち良さとして感じるのです。

なので。
症状自体は何ら変わりないのです。



ではどうすればいいのか?

首や肩は同じ姿勢が続いた時に辛さとして症状に現れます。

筋肉的に言うと「使っているところ」と「使っていないところ」が明確になった時、前者が過度に緊張してしまい辛いのです。

だから!
「使っていないところ」をしっかり動かしてテンションを同じにしてしまえばいいのです。


一瞬の快楽を求めるのではなく、物事の本質を見極めて下さいね。

体質って何?

初来院された方からよく耳にする言葉。

「体質だから仕方ない」
「生まれつきそうなのよ」

本当にそうですか?

体質や生まれつきなど、目に見えない事を都合のいいように言ってませんか?

当サロンではそんな事を可視化します。

えっ⁈

って思われたそこのアナタ‼︎


ご説明いたします(笑)

まず。


体質とは2つの事で決まります。

まず一つ目は、
皆さんが気にしている「生活習慣」。
これは生まれてから現在までの食事や仕事も含む運動内容、そして居住環境などを指します。

一言で言い換えると「後天的要因」です。

これは御自身のライフスタイルを見直す事で改善されます。



二つ目は生まれながらにして持っている遺伝的要因。

これは改善しようにも、生まれながらにして持っているDNAによって決定されます。

どんなに食生活を変えても運動しても、生まれてから死ぬまで一生変わる事がありません。

「先天的要因」です。


これら2つの要因によって体質は決定されます。


現在において。
たくさんの健康法やダイエット方法。体質改善などとうたっているものがありますが、どれも後天的要因に対してのアプローチでしかありません。

だから結果が出ない人も出てくるのです。


体質改善とうたうのであれば、先天的要因をきちんと調べて、それに対してのリスクマネージメントもすべきではないでしょうか?


先天的要因を知る方法。

それはDNAを調べる事でハッキリし、今まで結果の出なかった方へ的確なアドバイスが出来ます。

当サロンではDNA検査を導入しています。

DNA検査をして御自身の本当の体質をお疲れし、目標への最短ルートを御提案出来ます。


いち早く導入した当サロンだから出来る事はたくさんあります。

これを機にもう一度御自身の身体について考えてみませんか?



| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ